NASDAQ運用スタート

投資信託

EAの運用と共に1月からS&P500の投資信託の積み立ても始めたのですが、
思ったよりEAの運用と裁量トレードの成績がよく、

レバレッジ規制がかからないように出金する必要も出てきたため、その出金した資金の運用先としてNASDAQの積み立ても始めました!

運用内容

運用先

・大和-iFreeNext NASDAQ100インデックス
・大和-iFreeNext NASDAQ 次世代50

NASDAQ100とは、米国のナスダック市場に上場している時価総額の大きい非金融業100社の株式で構成される株価指数です。

大和-iFreeNext NASDAQ100インデックスは、このNASDAQ100の動きに連動した運用成果を目指す投資信託です!

NASDAQ Q-50とは、将来的にNASDAQ100への組み入れが見込まれる企業のパフォーマンスを追跡するために設計された時価総額加重型の株価指数です。

大和-iFreeNext NASDAQ 次世代50は、このNASDAQ Q-50の動きに連動した運用成果を目指す投資信託です!

NASDAQ100はS&P500と同じように人気のある運用先であり、将来そのNASDAQ100への組み入れが予想される銘柄で構成されるNASDAQ50にも投資しておこうとこの2つを選びました!

大和-iFreeNext NASDAQ 次世代50は21年1月13日から運用開始したできたての投資信託なので、ほぼスタートから持てる機会ってなかなかないのでタイミングが良かったかなと思います!

また、今回はSBI証券での積み立てとしています。
これは楽天証券では楽天カードで積み立てができるように、21年6月からSBI証券でも三井住友カードで積み立てができるようになるとのことだったので、今後三井住友カードでの積み立てでポイントを獲得するためにSBI証券での積み立てにしました!

投資信託の運用先で迷っている人の参考になればと思います!